STYLEVOICE MAGAZINE

2021.04.01

剛力彩芽がトライ!
春注目の
“知的な女らしさ”って?

この春注目のテイストは、新しい時代にマッチする“知的な女らしさ” 。噂のブランドの春服で彩芽さんが表現します!

新しい女性像を感じる
極上ブルーの
「シアーシャツ」

”リ・スタートする服”というコンセプトでこの春スタートしたファッションブランド、Stylevoice for xxx。彩芽さんが、真っ先に選んだアイテムがブルーのシアーシャツ。
色味に新しい時代の“知的な女らしさ”を感じるそう。

「以前は“知的な女らしさ”というと白とかアースカラーのイメージだったけど、
今年は今着ているシアーシャツのようなミントやネイビーとか、
どちらかというとふわふわしすぎてない色、芯がある色に“聡明な女らしさ”を感じます」

彩芽さんも、プライベートで購入したStylevoice for xxxのブルーのシアーシャツ。
ハーフパンと合わせたコーデは大のお気に入りだそう。

「こんなボーイッシュな組み合わせは、普段から大好き!(笑)
シャツを透け感があるものにするだけで、フェミニンさや抜け感が出て、今っぽい感じになりますよね。

このシャツが他と違うのは、カフス部分が長く、腕部分に膨らみがでるデザイン。それだけでちょっとモードで、女性らしい雰囲気にもなるんですよね。

ベーシックなようでいて、ディテールに漂うモード感に、知性や聡明さを感じます。
そこが、“クリーン”なイメージのポイントなのかも!」

誰が着てもパーフェクト!
肩掛けショールつきの
「着映えワンピ」

着るだけでパッと華が咲いたような、華やかさが生まれる切り替えニットワンピ。別名「チューリップワンピ」と言われるほど、大人のかわいさが漂うアイテムです。彩芽さんも着た途端、その着映え力にびっくり。

「とにかく、バランスが完璧!
切り替えワンピって、たまに太って見えたりするものもあるんだけど、
このワンピは、縦長なシルエットをキープしたまま裾フレアにつなげたシルエットなので、すごくスタイル良く見せてくれますね!」

彩芽さん絶賛の「チューリップワンピ」、実は彩芽さん同様ファッション大好きな、お姉様が購入なさったそう。

「姉は私より10センチ背が低いので、どうかな〜と思っていたんですが、、、、ものすごくキレイに着こなしていて!(笑)
どんな身長の人でもバランスが取れる完璧なシルエットなんだなって、驚きました。

それとショール付きっていうのが最高!カーデになっていないのが、逆に使いやすいんですよね。

巻きやすいから、姉のように”肩がけとかちょっと難しくて苦手”という人でも簡単に使いこなせる。で、こなれた雰囲気が出せる。

この明快さもクリーンですよね!」

美ボディ効果がすごい!
今っぽいMIX感が楽しめる
「シェイプラインワンピ」

最後に着こなしてくれたのが、オケージョンにも対応する上品感と着心地の良さを両立した、パフスリーブワンピ。

「着た途端、本当にびっくり。パフの感じとウエストのタックの入り方が、本当にキレイでキレイで。速攻、グレーをお買い上げしました!

オケージョンにも使えそうな上品さがあるのに、カットソー素材なのでカジュアルな雰囲気も出せる。
こんな風にスニーカーに合わせたコーデとか、ミックス感がまさに今の気分。

こういったタイプのワンピ、なんで今まで持ってなかったんだろうと思うくらい、大好きになっちゃいました!(笑)」

▼彩芽さんが着こなしたStylevoice for xxxの服はこちら

Stylevoice for xxx
シアー
シャツ
Stylevoice for xxx
センタープレス
ハーフパンツ
Stylevoice for xxx
カーデショール付き切り替えニットワンピース
Stylevoice for xxx
パフスリーブシェイプラインワンピース
Stylevoice for xxx
異素材コンビタンクトップ
Stylevoice for xxx
シアーパフスリーブニット
STYLEVOICE
Stylevoice for xxx
2WAYバックリボン
付きAライン
ワンピース
STYLEVOICE
Stylevoice for xxx
カフタンワンピース
STYLEVOICE
Stylevoice for xxx
マーメイドスカート
Stylevoice for xxx
サスペンダー付き
ハイウエストタイト
スカート
Stylevoice for xxx
パフスリーブTシャツ

Photographer/Masaya Tanaka(TRON)
Model/Ayame Toriki
Styling/Maya Tamei(Kind)
Hair&Make-up/Taisei Kuwano(illumini)
Edit&Text/Kaoru Kaji