STYLEVOICE.COM(スタイル ヴォイス ドットコム)

スタイリスト亀恭子の「流行通販」#01  SNIDEL(スナイデル)の限定ワンピ

スタイリスト亀恭子の「流行通販」#01 SNIDEL(スナイデル)の限定ワンピ

もはや夏の定番、
ドラマティックワンピ。
今年は何買う?

2020 05 15

大人気スタイリスト、亀恭子さんの連載コラム。毎回今の気分にぴったりのアイテムをピックアップ。大人のための本当に満足できるモノを紹介していきます。今回は夏になると毎年着たくなるリゾートテイストのマキシワンピ。STYLEVOICE限定デザインのワンピを亀さんならではのセンスあふれるスタイリングで!

亀 恭子 亀 恭子
スタイリスト亀恭子の「流行通販」#01  SNIDEL(スナイデル)の限定ワンピ
スタイリスト亀恭子の「流行通販」#01 SNIDEL(スナイデル)の限定ワンピ

もはや夏の定番、
ドラマティックワンピ。
今年は何買う?

2020 05 15

大人気スタイリスト、亀恭子さんの連載コラム。毎回今の気分にぴったりのアイテムをピックアップ。大人のための本当に満足できるモノを紹介していきます。今回は夏になると毎年着たくなるリゾートテイストのマキシワンピ。STYLEVOICE限定デザインのワンピを亀さんならではのセンスあふれるスタイリングで!

亀 恭子 亀 恭子

こんにちは、スタイリストの亀恭子です。
今月からSTYLEVOICEでコラムの連載を始めます。
どうぞよろしくお願いします!

今回は、今の時期、無性に着たくなるワンピースについて。

一見リゾートドレスっぽいんだけど、タウンユースできる夏のワンピースがここ何年かすごく人気です。MARIHA(マリハ)やVelnica(ヴェルニカ)、ESTELLA.K(エステラ・ケー)など。華があるのに自然体で着られる、女ゴコロのツボをつくデザイン。
着るだけで気持ちがウキウキしそうな、ポジティブな自分でいられそうな、そんなパワーをくれるワンピース。普段、カラーものをあまり着ない私でも、そんなワンピースには毎年惹かれてしまいます。

コロナ感染対策の影響でイエナカ生活が続くいま、スウェットとレギンスの気楽なコーデになってしまいがち。でも、イエチカのお散歩やご近所の公園に出かけるとき、ベランダでコーヒーを飲む時間など、ちょっとだけ開放的な気分になれるとき、リゾート気分のワンピースを着てみると驚くほど気分がアガります。

今日私が着てるのはSNIDEL(スナイデル)のワンピース。これSTYLEVOICE限定のデザインで、おすすめポイント満載なんです。

●マキシ丈のティアードデザイン → すその重みでスタイル美人に
●フレンチスリーブ → 二の腕カバーしながら全身ほっそりライン
●バックのリボンづかい → 1枚でサマになる!
●リネン混のコットン素材 → 軽い肌触りと爽やかな質感
●渋めのイエロー → 大人に似合う夏らしい色!

スカート部分にボリュームがあるからドラマティックで、360度、語りどころのあるワンピース。SNIDEL(スナイデル)って大人にこそ着てほしいブランドだなぁって思いました。

ワンピースに華があるので、今日のコーデは辛口カジュアルな小物で仕上げてみました。
バッグはVASIC、サンダルはATP Atelier、ストールはASAUCE MELER、サングラスは
Chloe。ネックレスは、アダワットゥン トゥワレグというモロッコのブランドのもの。スパイス的にこんなネイティブ系の小物を足すと大人っぽいコーデになりますよ。スニーカー合わせでちょっとスポーティカジュアルに仕上げてかわいいはず。

STAY HOMEな時期にもこんな気分のアガるワンピースで過ごす時間を大切にしたいな。定番的に毎年着られるデザインですしね。

それではまた次回も、今の気分にぴったりのアイテムを紹介していきますね。

▼着用したワンピースはこちら
▼こちらはSTYLEVOICE限定カラーで登場!
SNIDELの大人ブラウンワンピース
▼これから活躍するおすすめワンピース

亀 恭子

スタイリスト

約3年間のOL生活を経て2001年からスタイリストとしてデビュー。人気モデルからも指名されるなど、彼女のセンスを信頼している著名人も多い。自身もトークショー、テレビ、広告出演やラジオなど幅広く活躍中。同世代女性の圧倒的支持を集める人気スタイリスト。2冊目の著書「TOKYO NEW STANDARD」(小学館)発売中。
また、友人と共同でポテトとオリジナルジンジャーエールのブランド「brooklynribbonfries」を経営。
http://brooklynribbonfries.com/

instgram:@kame_kyo

お気に入り記事に追加する

SHARE THIS SV MAGAZINE

  • LINE

SV MAGAZINE RANKING 人気記事

RECOMMENDCURATORSおすすめキュレーター

FRESH SV MAGAZINE 最新記事