STYLEVOICE.COM(スタイル ヴォイス ドットコム)

ビーチだけじゃない
新しい時代の水着の
選び方とは?

今年は水着を海に陸にフル活用

ビーチだけじゃない
新しい時代の水着の
選び方とは?

2020 05 14

やってきました!水着のシーズン。今年は遠出は出来なさそうだけど、可能な限りオンシーズンを楽しみたい。今年のトレンドとして注目は、ビーチやプールだけではなく、野外フェスやアウトドアで、ファッションとして着られる“水陸両用水着”。水の中でも、汗をかいても問題なく、さらに体型カバーも叶う…。そんな着まわし可能なビーチウェアを味方につけて、新しい夏の楽しみ方、始めませんか?

STYLEVOICE編集部 STYLEVOICE編集部
ビーチだけじゃない
新しい時代の水着の
選び方とは?
今年は水着を海に陸にフル活用

ビーチだけじゃない
新しい時代の水着の
選び方とは?

2020 05 14

やってきました!水着のシーズン。今年は遠出は出来なさそうだけど、可能な限りオンシーズンを楽しみたい。今年のトレンドとして注目は、ビーチやプールだけではなく、野外フェスやアウトドアで、ファッションとして着られる“水陸両用水着”。水の中でも、汗をかいても問題なく、さらに体型カバーも叶う…。そんな着まわし可能なビーチウェアを味方につけて、新しい夏の楽しみ方、始めませんか?

STYLEVOICE編集部 STYLEVOICE編集部

今年は、トップス感覚で着られる
水陸両用なビーチウェアを狙うべき

シャツを羽織れば、そのまま近所へ出かけられるような、普段使い出来る水着が今年の気分。肌なじみの良く合わせやすいベージュストライプのキャミトップスは、着まわし抜群のトップスとして出番が多くなりそう。

バスト部分は程よくフィットして、裾に向かってフレアになり、ウエスト周りが強調されないシルエットは、ビーチではもちろん、普段着使いとして大人に嬉しいデザイン。

夏らしい、クールなストライプ柄のキャミトップスは、1枚で着られるところはもちろん、ブラキャミとして、透けるアイテムのインナー使いとしても。

肩や背中まわりがすっきり見せられるので、ワイドパンツや、ロングスカートを合わせた、大人のリゾートスタイルもおすすめです。

▼モデル着用アイテムはこちら
▼フリークスストアのヘルシー水着
▼おすすめのツーピース&ワンピース水着
  • photographer ;Takahiro Setsu(biswa)
  • stylist;Maya Tamei(KIND)
  • hair&make;Yae Nakayama
  • model;jo(stage)&margott(stage)
  • editor;Kaoru Kaji
  • art direction&casting;mido
お気に入り記事に追加する

SHARE THIS SV MAGAZINE

  • LINE

SV MAGAZINE RANKING 人気記事

RECOMMENDCURATORSおすすめキュレーター

FRESH SV MAGAZINE 最新記事