STYLEVOICE.COM(スタイル ヴォイス ドットコム)

大人基準で選んだ
最新「透けるシャツ」、
4大カラー&着こなし例

【春トレンド・シアーシャツ】大人に似合う色&色別着こなし

大人基準で選んだ
最新「透けるシャツ」、
4大カラー&着こなし例

2020 04 24

人気スタイリスト・安西こずえさんのスタイリングレッスン。今回は、この春夏さまざまなアイテムで登場している注目の「シアー(透け)素材」。なかでもトライしやすいシアーシャツにフォーカスします。ブラウン、ホワイト、ブラック、ベージュの使える4大カラー別に、大人の女性らしい上品ヘルシーな着こなし方をアドバイス!

安西こずえ 安西こずえ
大人基準で選んだ
最新「透けるシャツ」、
4大カラー&着こなし例
【春トレンド・シアーシャツ】大人に似合う色&色別着こなし

大人基準で選んだ
最新「透けるシャツ」、
4大カラー&着こなし例

2020 04 24

人気スタイリスト・安西こずえさんのスタイリングレッスン。今回は、この春夏さまざまなアイテムで登場している注目の「シアー(透け)素材」。なかでもトライしやすいシアーシャツにフォーカスします。ブラウン、ホワイト、ブラック、ベージュの使える4大カラー別に、大人の女性らしい上品ヘルシーな着こなし方をアドバイス!

安西こずえ 安西こずえ

Color1:いち押しブラウン
スモーキーな
きれい色を合わせて
旬のシンプルコーデ



「透け感が出すぎるのはちょっと……」という人は、ブラウンでトライしてみてください。 肌よりワントーン濃い色みが適度になじんで、ひかえめな透け感。

フロントを大きく開けた抜き襟風の着こなしで、この時季らしい軽さが出て涼しげに決まります。華奢なリボン付きでキュッとしぼったバックスタイルもアクセント。

スタイリングは全体をベーシックカラーやワントーンでまとめるのもありですが、こんなスモーキートーンのきれい色ボトムを合わせるのも新鮮です。シャツ×タックパンツというアイテム自体はきれいめでシンプルななかにチョコミントみたいな配色が効いて、大人にちょうどいい品のあるトレンドスタイルに。

▼モデル着用アイテムはこちら

Color2:抜け感ホワイト
素材感でメリハリ。
白系のワントーンで
上品スタイルが完成



パキッとした白ではなく、オフホワイトのようなまろやかな色みのほうが、合わせるボトムを選ばず使いやすいと思います。

大きめの胸ポケットがアクセントに効いたビッグシルエットのシャツは、ウエスト位置で裾をキュッと結んで、まるでメンズシャツをラフに着ているようなバランスで「白の透け感」をヘルシーに。

また比較的透け感が強く出るカラーなので、抜けを作りすぎないように注意してください。襟元までボタンをきっちり留めて、袖もまくりません。 さらにワントーンで全体の配色をなじませることで、透け感がより上品に映ります。

あえて抜けを作らないシャツの着方に対して、ラフな裾ロールアップ+フラットシューズの足元で抜け感を。

▼モデル着用アイテムはこちら

Color3:安定ブラック
×フェミニンボトムで
やさしく、
軽いモノトーン



安定のブラックは、とにかく「決めすぎない」こと。

頑張ってあれこれ手を加えれば加えるほどきつく見えたり、あるいは老けて見えることもあるので、適度なリラックス感や、引き算のスタイリングを意識します。

たとえばフェミニンなプリーツロングスカートとのワンツーコーデ。シャツもスカートもどちらも旬のアイテムなので、シンプルな着こなしでも地味になりません。すっきりとしたモノトーンで甘さも嫌味なく、大人にちょうどいい。

またこちらのシャツはマオカラーも特徴で、ボトムにある程度ボリュームがある今回は、えりを開けて顔まわりに大きく抜けを作りましたが、
たとえばハーフパンツのように軽くコンパクトなボトムを合わせる日は、フロントボタンを留めて着こなすと旬のマオカラーが引き立って素敵です。

▼モデル着用アイテムはこちら

Color4:今っぽベージュ
やわらかな配色で
ヌーディな透け感を
ヘルシーに見せる



ベージュは一見難易度が高そうですが、肌になじんでやさしい透け感。初心者の方にも意外と着こなしやすい色なんです。トレンドカラーでもあるのでほどよく今っぽさもあって、しかも透け素材だから夏まで活躍。一枚押さえておくといろいろ使えそう!

ヴィンテージライクなバンドカラーを引き立てるため、スタイリングはそぎ落とし、ごくシンプルに。レオパード柄のバレエシューズでひとクセつけています。

白やくすみパステル系のボトム、あるいはベージュワントーンなどで全体的に淡くまとめると、やわらかくフェミニンに決まります。

反対に、黒やネイビーのような濃い色みのボトムで引きしめれば、グッとモードで知的な印象。 自分らしさやその日の気分に合わせて、甘めにも辛めにも楽しめます。

▼モデル着用アイテムはこちら

安西こずえ

スタイリスト

メンズ&ウィメンズファッション誌をはじめ、数々のメディアでスタイリストとして幅広く活躍するほか、リゾートウェアブランド「micomori」ディレクターも手がける。

  • PHOTO:Motokazu Murayama(SIGNO)
  • STYLING:Cozue Anzai
  • HAIR&MAKE-UP:YUMBOU(ilumini.inc.)
  • MODEL:Bayne Lisa
  • EDIT:Yuko Takizawa
お気に入り記事に追加する

SHARE THIS SV MAGAZINE

  • LINE

SV MAGAZINE RANKING 人気記事

RECOMMENDCURATORSおすすめキュレーター

FRESH SV MAGAZINE 最新記事