STYLEVOICE.COM(スタイル ヴォイス ドットコム)

Camp With Mochii  後編

スタイリスト望月唯Presents

Camp With Mochii 後編

2020 02 05

数多くのミュージシャンや俳優のスタイリングを手がける望月唯氏の連載企画「Fishing with Mochii」。ここでは、毎回ゆかりのあるゲストを招き、ともに釣りをし、釣りを語るといった企画。今回は特別編として大人のキャンプを敢行。ゲストには、ブランド「So far」と「F/CE.®」のデザイナーであり、バンド「toe」のベーシストとしても活躍する山根敏史さんを招いて、お二人のキャンプ流儀について大いに語っていただきました。

望月唯 望月唯
Camp With Mochii  後編
スタイリスト望月唯Presents

Camp With Mochii 後編

2020 02 05

数多くのミュージシャンや俳優のスタイリングを手がける望月唯氏の連載企画「Fishing with Mochii」。ここでは、毎回ゆかりのあるゲストを招き、ともに釣りをし、釣りを語るといった企画。今回は特別編として大人のキャンプを敢行。ゲストには、ブランド「So far」と「F/CE.®」のデザイナーであり、バンド「toe」のベーシストとしても活躍する山根敏史さんを招いて、お二人のキャンプ流儀について大いに語っていただきました。

望月唯 望月唯

スタイリスト望月唯と行く!
大人のキャンプ流儀
ゲスト:山根敏史(デザイナー・ミュージシャン)-後編-

ゲスト
山根敏史さん
Profile
いくつかのアパレルブランド勤務を経て独立。バッグブランド「So far」 とアパレルブランド「F/CE.®」を主宰し自らデザイナーも務める。また、2017年には、デンマークのアウトドアブランド「NORDISK」のオフィシャルコンセプトショップ「NORDISK CAMP SUPPLY STORE by ROOT」を東京は世田谷区にオープン。また、海外でも高い評価を得るバンド「toe」のベーシストとしても活躍中。音楽やファッション、アウトドアの造詣が深いことでも広く知られている。

前回までのあらすじ>>
某所にてキャンプを楽しむお二人。以外にもお二人ともお一人様キャンプが好きという共通点を見つけ意気投合。 次第にお酒も進み、トークはよりディープな方向へ!?

「アウトドアを突き詰めていくと、
自然との対話がもっと欲しくなる」(望月)

「今、望月さんが一番欲しいアウトドアのギアって何ですか?」(山根)
「あれほしいんだよね! 寝袋のカバーみたいなやつ」(望月)
「ああ、防水の? 寝袋がすっぽり被さるやつですか?」(山根)
「そう。あれなら夜露とか雨にも濡れないでしょう。寝袋に入ってそのカバーで覆って、その辺とかで適当に寝られちゃうやつ。まさに本物の野宿(笑)」 「いいですね(笑)。可愛いデザインのものもありますしね!」

「自然の中で生活をする。そんな野営感を求めて」(山根)



「アウトドアを突き詰めていくと結局“野営感“の追求に辿り着くよね。もっと自然と対話がしたいという」(望月)
「あ、それ分かります。ただしサバイバルとかではなく、ただ自然の中にどっぷり溶け込んで生活がしたいという。そんな野営感ですよね」(山根)
「アウトドアとかキャンプももう1周回って。より原始的な手段に魅了されていくような。最近無性に森林の中に入っていってブッシュクラフトをやりたいんだよね。木でシェルターを作って、食料や必要なものは現地で調達して、ナイフと火打ち石で生活するような」(望月)
「最近ブッシュクラフト、アツいですよねー。僕の周りでもやっている人、結構いますよ」(山根)
「キャンプも楽しいけどキャンプ場が苦手。いまいち自然と対話する感じにならないよね。周りに人がたくさんいるし、整いすぎた環境だし。だったらちょっとブッシュクラフトにトライしてみようかなって、最近そんなテンションなんだよね」(望月)
「わかります。近々一緒にブッシュクラフトやりましょう!」(山根)
「いいねー。必ず行こう!」(望月)







商品チェックはこちら

商品チェックはこちら

望月唯
スタイリスト

1994年スタイリストとして独立。数多くの雑誌やショーで活動を開始。また、人気アーティストや俳優のスタイリングを担当するなど、常にシーンを牽引存在。2002年にはブランド「RICO」のデザイナーに就任。 2008年には、自身のブランド「HOWL」を立ち上げる。昨年に、エッジの効いたクリエイションを展開するWEBサイト「HEADS」を立ち上げ話題となる。
https://headstokyo.com/

  • Guest:Satoshi Yamane
  • Photo:Daisuke Udagawa(M-3)
  • Styling:Tadashi Mochizuki
  • Edit&Text:Daisuke Udagawa(M-3)
お気に入り記事に追加する

SHARE THIS SV MAGAZINE

  • LINE

SV MAGAZINE RANKING 人気記事

RECOMMENDCURATORSおすすめキュレーター

TODAY'S RECOMMEND今日のおすすめ

FRESH SV MAGAZINE 最新記事

TOP

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.